劣等感は誰にでもある、ある意味前進の推進力だ、囚われるな結婚も

世話好きな人は、単に優しい人ではない。

相手を自分に依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ。


ルドルフドライカースによる「不適切な行動の4つの目標」

人は注目されないと、悪さをしてまでも「注目を集めよう」とする。

それに失敗すると、「力を示す」、「復讐」

さらに今度は自分の無能さを見せつけて課題から「回避」するようになる。


過度の劣等感は健全ではなく、克服する必要あり。

元になる過度の思い込みは冷静に立証を試みれば消えていく。


不完全さを認める勇気を持つ人だけが本当に強い人間であり、幸せになれる。

できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないであろう。

今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ。


Alfred Adler



占いで幸せな結婚恋愛を六本木占い相談東京OBERON's Ownd

占い東京 運命を変えていく為に占い鑑定も