占い東京

俗物は精神的な欲望を持たず、肉体的な欲望だけを持っている

そうだ。勇敢に生きろ、そして勇ましく胸を張り、運命の打撃に立ち向かえ

我々の視野、活動範囲、交際範囲が狭いほど、我々の幸福は大きくなる。それらが広いほど、我々は煩わしく、また不安に感じる度合いが大きくなる。なぜなら、それらは心配、願望、恐怖が増大し広がるからである。

生きていくために最も大切なのが健康であり、次いで、生活を支える手段、つまり安心して使える収入である。これに引きかえ、名誉、栄光、位階、名声などは、これらの本質的財産と競争できない

オスカー・ワイルド

僕は彼女が大好きだが愛してなどいない。一方彼女は僕を熱烈に愛しているがそれほど好きではない。

女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ。

結婚はまさしく相互の誤解にもとづくものである。

すべての女性は彼女の母親に似るようになる。それが女の悲劇だ。男は彼の母親の思い通りにならない。それが男の悲劇だ。

民主主義とは人民の人民による人民のための脅しにすぎない。

他人の悲劇は、常にうんざりするほど月並みである。

拙劣な詩はすべて本当の感情から生まれる。

我々男が女を愛するときに、女の弱さも、あやまちも、不完全さも、ちゃんと知りつくした上で愛するんだ。いや、それだからこそいっそう愛するのかもしれない。愛を必要とするのかもしれない。愛を必要とするのは完全な人間じゃない。不完全な人間こそ、愛を必要とするのだ。

今日、結婚した男はみな独り者みたいに、そして独り者の男はみな結婚しているみたいに暮らしている。

結婚のひとつの魅力は、双方にとってだまし合いの生活が絶対必要となることだ。


だれかに恋するってどんな感じなの?「あの人カッコイイな」「ステキで憧れる」という気持ちは分かるし、友情としての「好き」も分かる。でも、「恋愛感情」がよくわからない。

いい歳をして初恋もまだなんて恋愛相談を今さら親しい人たちにはできないと思っている方も少なくないようです。

皆で恋バナしていて、好きな人の名前を出さなくてはいけなくなったら、苦し紛れに「カッコイイな」と思っている人の名前を出したりしてきたけれど、かといって交際したいか?と言われると、それは違うと思う。

友人からの恋愛相談を受けても、恋愛感情が良く分かっていない自分がアドバイスしていいのかと不安になってしまいます。

自分ってもしかして、どこか感情が書けてしまっているのかもと不安にもなりがちです。

その不安を自分に近い人に相談するのは、ちょっと勇気が必要だったりします。

そんな時には、思い切って第三者に恋愛相談してみましょう。恋愛感情がよくわからないというのも、立派な恋愛相談です。

あなたがまだ恋愛感情がよくわからないのは、これから素敵な出会いがあるからなのかもしれません。どうすれば出会いを見つけられるのかも、第三者ならではの視点でアドバイスをもらえることでしょう。

占い東京と占い鑑定



他人のなした悪をゆるすことは、弱い人間にとって大いなる努力であっても、少なくとも人を憎むという悩みより脱せよ。ゆるすことができなければ、せめてはその悪を忘れよ。 

アルフレッド・ド・ミュッセ

私の盃は大きくはないが、私は、私の盃で飲む。 

アルフレッド・ド・ミュッセ 

恋は空腹で生き、満腹になって死ぬ。 

アルフレッド・ド・ミュッセ『マルドッシュ』

もっとも不愉快なことは、最大の敵が面と向かって述べることではなく、最良の友が陰でこっそりささやくことである。 

アルフレッド・ド・ミュッセ 

経験とは、人々が自分の愚行と悲哀に与える名前である。 

アルフレッド・ド・ミュッセ   

 人生は将棋のようなものだ。自分の手中にあるものはチャンスではなく、駒の進め方だ。 

プビリウス・テレンティウス・アフェル  

恋人どうしの喧嘩は、恋の更新である。 

プビリウス・テレンティウス・アフェル  

あなたの才能ではなく、あなたの態度が、あなたの高さを決めるのだ。 

ジグ・ジグラー  

あなたは悲しい出来事を背負ったまま、これからの人生を過ごしてはいけない。なぜなら、あなたが悲しむことは周りの人を悲しませ、それがめぐりめぐって、地球上の人すべてを悲しませることになるからだ。 

ジグ・ジグラー


好きなんですよ、この文章。 世の中を傍観者として観察って感じが、占いとかしたらすごい人なのでしょうね、って下賎な発想だな・・。


夏目漱石 虞美人草 

蟻は甘きに集まり、人は新しきに集まる。 

文明の民は劇烈なる生存のうちに無聊をかこつ。 立ちながら三度の食につくの忙きに堪えて、路上に昏睡の病を憂う。  

キャンパスや会社などで、「恋愛至上主義」と言われると何だか「恋愛のことしか興味のない」「何もしない」人のように思えませんか?相手のことしか考えない、他の人・事はどうでもいい、結婚することばかり考えている…そんな人ほとんどいないと思います。出会ったばかり・交際初期などは気持ち的にはわかります。お相手のことばかりを自然と考えてしまうのも当然でしょう。

「情熱だけがすべて」「叶うか叶わないかは関係ない」「気持ちがなくなればお別れするのみ」とうたっている恋愛至上主義は、現在ではちょっと違う意味で使われてしまい残念です。そんな出会いから別れを経験してみたい、という意味で捉えてもらえると嬉しいのですが。

現代では、初恋や初交際など低年齢化しています。けれど結婚に関しては晩婚化の傾向です。

若い時から異性のことばっかり!

などと思わないでください。悪いことばかりではないのです。

人間は意外と器用な生き物で、恋愛に関してもちゃんと「学習」できるものなのです。結婚だって何度もできれば学習できますが、なかなかそうはいきません。だからこそ晩婚化かもしれませんね。

本やネットでしか知らなかった恋愛問題が、いざ「初めて」自分に降りかかれば対処できず失敗もあるでしょう。そっけなくし過ぎた、追いかけまくった、相手の言う事ばかり聞い

人生に迷いはつきもの。悩みがあるのはむしろ当たり前です。

けれども、途方に暮れるような出来事、心身共に限界を迎えている出来事はありませんか。人間は思っているより「耐える」ことができるものです。とうに「無理」な状態にあったとしてもなかなか「SOS」を発信することができません。

そして、何より当人が一番自分の限界を見えていないことが多いものです。

人生相談は「SOS」を上手に発信することができない方の味方です。

・他人からみればとるにたらないことかもしれない

・自分でなければもっとうまくやれているはず

・もう少し我慢したら何とかなるかもしれない

・自分だけが頑張れば丸く収まるはずだ

本当に偉いです。でも、自分だけで頑張り過ぎじゃないですか?

日々ちょっとずつやり過ごして頑張っている人にこそ人生相談を活用してほしいです。

誰だか分からない人へ人生相談なんてできない、と思われることでしょう。

ただ、あなたを良く知っている人に現状や気持ちを率直に伝えることはできますか?

全く知らない第三者だからこそ、人生相談をすることができる可能性が高いのです。

自分自身ではでき難い「気持ちの息抜き」を人生相談では応援しています。

苦しくて身動きが出来なくなる前にぜひ活用してください。


「人生相談」と言ってしまうと、何だか重たいテーマに感じてしまいがち。

もちろん、どんな選択をするかによって大きく人生が変わるかも知れない岐路に立った時にどのように行動するべきか? 自分一人では受け止められないような大きな出来事を前にして思い悩んでいることなどを相談するのも人生相談。

人生相談とは、人生上の「悩み」や「迷い」に関して相談すること。

と定義されます。

人生とは大きく身近に捉えれば、「日々の生活の積み重ね」ですよね。

「人生相談」は、先ほど挙げたような重大な事項に関する相談だけではなく、日々の生活の中での悩み事を相談することも含まれます。そう考えると、意外と身近な存在だと考えることができるのではないでしょうか。

日々の小さな!?相談事なら家族や友人、学校や職場の関係者などに日頃から相談しているかと思います。内容によっては、役所などの公的機関の窓口の場合もあるでしょう。

でも、時には身近な人には相談しづらい悩みごとを持つこともあります。

そんな時には、第3者の立場の経験豊富な人へ人生相談をしてみませんか?自分のことや悩み事に関係のない人へ相談してアドバイスをもらうことは、どんな結論を選ぶことになったとしても決してムダにはならず、あなたの糧となるはずです。



一つだけ忘れないで欲しい。あなた方はみんな、自分で思っているよりも、ずっとすばらしいということを。

苦しむことを怖がってはいけない。なぜならどんなハートも夢の追求において苦しまなかったことはないからだ。

君が何も頼まないのなら、答えはいつだってNOに決まっている。

濃い人生を望むのであれば、ある種の狂気は必須条件。

結婚へつながる復縁を望む場合、きちんと自分を見つめ直しましょう

この人と結婚したいと思うほど好きだったのに、決して嫌いになったのではないのに、行き違いや擦れ違いが原因で別れてしまう。お互いの間に距離ができてしまう場合は少なからずあります。別れてしまうのではなく、距離ができてしまった場合は、お互いに歩み寄ろうとする気持ちと努力があれば、二人の関係を戻したり、より強い物にすることができるでしょう。

では、別れを選んだ場合は?

別れた後に、やはり彼・彼女が自分にとっては大切な相手だった、結婚したい相手だったと再認識することもあるでしょう。

どんどん未来を見据えて、新たな恋愛へ向かう場合もあるでしょう。

恋愛が人生のすべてではない、結婚がゴールでもない。でも、恋愛は人生を豊かにしてくれる一つの要素だし、人生を共に過ごしていきたいパートナーと一緒にいるために便利(?)な制度は結婚です。

一度別れてしまったパートナーとやり直したい時。

まずは、別れる事になった原因の確認と、本当にやり直したいのか、寂しさや名残惜しさではないのか、と自分の気持ちを見つめ直すこと必要だと思います。

そのような場合、冷静な判断をしてくれる人と一緒だと心強いですね。友人に恋愛相談すると落ち込んでいるあなたを元気づけようと、あなたに共感する意見を言ってくれるのではないでしょうか。共感ばかりだと、大切なことを見落としてしまうかもしれません。気持ちを落ちつけたい、吐き出したい時には友人と話す事も大切だと思います。ですが、本気で結婚へと繋がる復縁を望んでいる場合の恋愛相談は、経験豊富な第三者にするのが良いかもしれません。たくさんの人からの様々な恋愛相談を受けてきたからこそのアドバイスを受ける事ができるのではないでしょうか。

エクナット・イーシュワラン

「人々は、『急げば急ぐほど、ますます時間を失う』という逆説に生きているのです」

「ひとり」より「ふたり」の方が悩みも増えるものです

楽しく過ごす彼とのデートや会話、このままずっと過ごしていきたいと思うのは当然のことです。「どうかこのまま一緒にいられますように…」そう願えば願うほど、この先のことなど実は誰にもわからないのです。そういう想いにかられると、彼との関係に不安を覚えることもあるでしょう。

自分の知らない彼氏の時間、もちろんそういう一時もお互いにとって大事なのはわかっているはず。けれど、好きであればあるほど「もっと一緒にいたい!」「もっと知りたい!」と欲が出てくるのも事実です。

あるいは、断片的に耳に入ってくるような彼の噂話などは真実か妄想か解らない状態になりますよね。事実かどうか、本当はどう思っているのか、聞きたいことが盛りだくさんでも上手に聞ける自信もない。

自分ばかり好きなようで、彼氏から本当に好きでいてもらえるのか、自信がなくて不安になることもあるでしょう。そんな時はどうしていますか?

彼を好きだからちょっとしたことに傷ついたり、悩んだり、不安になってしまう、こんなことならばひとりの方がよっぽど気がラク…なんて思わないでください。彼の心の中を全て見通すことはできないけれど、自分自身が前向きに彼と向き合えるようになれるはずです。


内面の空虚から生ずるのが、社交や娯楽や遊興や奢侈を求める心。これらのために多くの人が浪費に走り、やがて貧困に落ちる。こうした貧困を最も安全に防ぐ道は、内面の富、つまり精神の富である

誰かが嘘をついていると疑うなら、信じたふりをするがよい。

そうすると彼は大胆になり、もっとひどい嘘をついて正体を暴露する。

私達は、他人と同じようになろうとして、自分の4分の3を失ってしまう。


東京六本木OBERON