斜に構える生き方は面白みが少ない

斜に構える生き方は、チョット勿体無い、感動を表現できないから、占いは正面から捉えないと意味がない。

ハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

あらゆる階級を通じて、目立って気高い人は誰か。どんな長所を持っていても、常に心の平衡を失わない人だ。

真理はたいまつである。しかも巨大なたいまつである。だから私たちはみんな目を細めてそのそばを通り過ぎようとするのだ。やけどする事を恐れて。

あなたにできること、あるいはできると夢見ていることがあれば、今すぐ始めなさい。向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です。

人間はみずからが愛するものごとによって、形づくられる。

とにかく、とりかかれば心が燃え上がるし、続けていれば仕事は完成する。

愚者と賢者はともに害がない。半端な愚者と半端な賢者が、いちばん危険なのである。

その夢を失くして、生きてゆけるかどうかで考えなさい。

考えている事を考え抜く事ができない時のみ、人は本当に考えているのだ。。

われわれは結局何を目ざすべきか。世の中を知り、それを軽蔑しないことだ。

今の人間は偉大なもののあらさがしをしては喜んでいる。偉大なものを攻撃すれば、その分、自分が偉く思われると信じているのだ。ばかばかしい!偉大なものを尊敬してこそ、その分、自分も高まるのだ。


占いで幸せな結婚恋愛を六本木占い相談東京OBERON's Ownd

占い東京 運命を変えていく為に占い鑑定も