人の感情は拙劣な言葉にしかならない 🎇占い東京

オスカー・ワイルド

僕は彼女が大好きだが愛してなどいない。一方彼女は僕を熱烈に愛しているがそれほど好きではない。

女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。男に欠点が多ければ多いほど、女は何もかも許してくれる。我々の知性さえもだ。

結婚はまさしく相互の誤解にもとづくものである。

すべての女性は彼女の母親に似るようになる。それが女の悲劇だ。男は彼の母親の思い通りにならない。それが男の悲劇だ。

民主主義とは人民の人民による人民のための脅しにすぎない。

他人の悲劇は、常にうんざりするほど月並みである。

拙劣な詩はすべて本当の感情から生まれる。

我々男が女を愛するときに、女の弱さも、あやまちも、不完全さも、ちゃんと知りつくした上で愛するんだ。いや、それだからこそいっそう愛するのかもしれない。愛を必要とするのかもしれない。愛を必要とするのは完全な人間じゃない。不完全な人間こそ、愛を必要とするのだ。

今日、結婚した男はみな独り者みたいに、そして独り者の男はみな結婚しているみたいに暮らしている。

結婚のひとつの魅力は、双方にとってだまし合いの生活が絶対必要となることだ。


占いで幸せな結婚恋愛を六本木占い相談東京OBERON's Ownd

占い東京 運命を変えていく為に占い鑑定も